ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 宜野座 旅行

この夏おすすめ! ザ・ひらまつホテルズ&リゾーツ 宜野座 宿泊記

投稿日:2019年9月12日 更新日:

ザ・ひらまつホテルズ&リゾーツ 宜野座に行ってきました。

とても素晴らしいリゾートホテルでしたのでご紹介します。

ホテルに到着

道路を進んでいくと右の写真の外門が見えてきます。そこを進んでいくと、左の写真の入り口に到着です。

到着するとこちらのエントランスの一棟に案内されます。そして、荷物を預かってもらいます。カートが到着するまでは、冷たいおしぼりとシークワーサーの飲み物をいただきます。

チェックイン

次にカートに乗ったらレセプション棟に案内されます。こちらでチェックインです。

レセプション棟入り口です。沖縄っぽくて良いですよね🎵

中の様子はこちらです。入って左には、沖縄の琉球ガラスやホテルの部屋においてあるアメニティなどが販売されています。

席に座るとチェックインの準備ができる間にウェルカムドリンクと宜野座産の黒糖を使った黒糖プリンが頂けます。

ウェルカムドリンクの他にプリンも頂けるなんて、本当に丁寧なおもてなしですね❤️

もちろん、味も美味しかったです!

軽食のメニュー

軽食のメニュー乗せておきます。ドリンクメニューもこのメニューの次のページに載ってました。お部屋でも同じものが置いてあります🎵

本日は風が強く、お外でチェックインできませんでしたが、風がない天気の良い日はお外でチェックインできるそうです。

目の前には海が広がっており、奥にはホテルの赤瓦の屋根やプールがみえます。

部屋にいったら早く海とプールに行きたいです🎵

イベント(泡盛)

ここ、ヒラマツではその日のイベントがあります。日程が書かれた紙をいただいたのですが、ホテルに忘れてしまったため、詳しくは行ってみてからのお楽しみで笑

この日は、泡盛が無料で飲めるということで行ってきました。もちろん、泡盛以外にもノンアルコールのドリンクもいただけます。ちょっとしたおつまみもありました🎵

左:シークヮーサーカクテル 右:泡盛ソーダ割り

注文したのは、シークヮーサーのノンアルコールのカクテルと、おすすめの泡盛(久米島の久米仙)ソーダ割です。私は初めての泡盛でしたので、飲みやすいのを頼みました。

お味はというと…

飲みやすくて美味しい‼️

泡盛は癖が強いと聞いていましたが、そんなことはありませんでした。

若干日本酒のようなお米っぽい味もします。以前日本酒で有名な獺祭の焼酎を飲んだことがありますが、それに近い味でした。

久米島の久米仙のHPを見るとタイ米でできているみたいですね!

久米島の久米仙

伝統的に継承されてきた泡盛の製法に従って、今でも泡盛の原料にはタイ産の米が使われていますが、ここにもアジアと琉球をつなぐ歴史の1ページを垣間見る ことができます。中でも、沖縄独特の酒造法として注目すべきは、泡盛をカメにねかせて、じっくりと熟成の時を待つ、古酒づくり。幾世紀もの歴史に育まれ、 静かに円熟の年月を刻んできた泡盛の神髄は、今も久米島の久米仙に受け継がれ、豊潤で清冽な美酒の味わいを皆様に届け続けています。

https://www.k-kumesen.co.jp/sp/about_awamori/

海やプールで遊んだ後は、ぜひ泡盛でも頂いてゆっくりしてください☀️

お部屋に案内

風は強いですが、ほんとに天気の良い日で最高でした✨

いよいよ次はお部屋に案内です。楽しみですね😁

今回は201号室エグゼクティブダブルルームに宿泊します。

では、部屋の中へ

まず入ると入り口にマットレスが敷いてあるのでそちらで靴を脱ぎます。フカフカのスリッパが綺麗に並んでいます☺️

お部屋はこんな感じ!

真ん中の丸いテーブルの上には琉球ガラスのグラスが置いてあります。

このグラス、リッツ・カールトンで販売していたグラスと模様が同じですね。

きっと、同じところで生産しているのでしょうか?

反対から見るとこんな感じ✨

右側のスタンドライとの奥が玄関です。結構広いお部屋でジャグジー付きテラスもあるので開放感があります。

テラス

とっても天気がいいですね!

風が強くてラグがめくれちゃってますが笑

左側にはテーブルと椅子もあります。風が強いのでテーブルと椅子は固定されていました。

このジャグジーはお外から丸見えなので、水着着用で使用してください😃

外から見るとこんな感じ…

丸見えですね!

一階のジャグジーはもう外ですね

では、また中に戻って、

こちらには電気ケトルやコーヒーメーカー

下には食器や冷蔵庫があります。

冷蔵庫の中身はすべて無料です!何気にこの無料って嬉しいんですよね!

しかも、100%のマンゴージュースや沖縄のジュースが置いてあります!

この100%ジュースの、瓶、販売していましたが一本1000円近くするお高いものでした。

下段には炭酸が入っていたので、最初はロックでそのつぎにソーダ割でいただきました。

続いてバスルームです。この写真の反対側にもうひとつ洗面台とトイレがあります。

この広さにはびっくりしました!ひろい!

なんか、もったいない😅

トイレも清潔感があってシンプルかつおしゃれ✨

このちょっと暗めのストーン壁と床がいいですよね。

アメニティも高級感あります。シャンプー類はブルガリでした✨

なんと、豪華!これ、箱付きでアメニティセット販売してたのですが、2800円ほどしていました。

こちらは左右にある洗面台です。左側の洗面台にはBose miniが置いてあります。

右側の洗面台にはティッシュやバスローブが置いてありました。

スマホとBoseをBluetoothでつないで、音楽を聴きながらシャワーを浴びました。

リゾートホテルはテレビなどを観るよりも、音楽を聴いてゆっくり過ごすのがバカンスって感じでリラックスできますよね(*^^*)

では、次回海やプール、食事を紹介していきます!

センターに湯船(逆光だけど笑)

-ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 宜野座, 旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最高のおもてなし強羅温泉 雪月花別邸 翠雲2

まだ1ヶ月ほどしか経ってないですか、たまたま誕生日ということもあり、また来てしまいました。 今回は204号室 目次1 ウェルカムドリンク2 お部屋2.1 露天風呂3 館内3.1 大浴場3.2 24時間 …

沖縄おすすめ!高級リゾートホテル ザ・リッツ・カールトン沖縄まとめ その2

目次1 リッツの海2 喜瀬(鉄板焼)3 チュラ・ヌジ リッツの海 海まで送迎してくれます!お部屋のビーチサンダルを履いてGO! バスは20分と50分に出ています。ついたら直接海にいってもいいし、着替え …

この夏おすすめ! ザ・ひらまつホテルズ&リゾーツ 宜野座 宿泊記 食事編

いきなりどーんと、こちらはコース料理での一品です。ホタテの焦げ具合に野菜の緑、アスパラが芸術作品のように添えられています。色、艶、バランス最高です。 目次1 ディナー1日目1.1 もとぶ和牛とアボカド …

石川県の高級旅館あらや滔々庵へ

世間はコロナウイルス大流行ですが、構わず石川県にやってきました。 今回は一休プラスのあらや滔々庵を紹介します。源泉掛け流しの半露天風呂つき部屋が魅力の老舗旅館です。もちろん、温泉だけではなく、夕食の蟹 …

この夏おすすめ! ザ・ひらまつホテルズ&リゾーツ 宜野座 宿泊記 その2

ちょっと荒れた海 前回に続き、今回は海、プール、食事を紹介していきます。 目次1 ホテル直結の海1.1 ヤドカリと遊ぶ1.2 海岸右側-神秘的な場所を発見1.3 海岸左側へ-野性的1.4 海用シャワー …